総量規制対象外になってしまうケースとは?

基本総量規制に該当する貸付というのは、消費者金融、クレジットカード、信販会社からのキャッシングになっています。たとえばマイカーローン、住宅ローン、医療費や個人事業主への貸付等は除外されることから、総量規制対象外になります。お金を借りて年収の3分の1以上になると、消費者金融や信販会社、クレジットカードからのキャッシングができないと植え付けている人も多いですが、すべての貸付ではない点に着目をしてください。総量規制対象外になる貸付もあることを認識して、自分の中で年収の3分の1に照らし合わせてみるとわかりやすいでしょう。

総量規制対象外になるカードローンを探している人もいるはずです。それは銀行カードローンになります。そもそも総量規制に引っ掛かるのは消費者金融等の貸金業者になることから、それ以外とみるとわかりやすいでしょう。特に銀行カードローンは象徴される総量規制対象外です。またそれ以外にも総量規制対象外になるローン商品もあることを知っておきましょう。

意外と感じる人も多いですが、消費者金融が提供しているおまとめローン等の借り換えローンもそれに該当します。要するに借金の一本化をするのであれば、総量規制に引っ掛かる消費者金融であっても融資を受けられる可能性があることになります。例外的な措置になることから、このようなケースもあることを知って、総量規制対象外のローン商品を探してみると良いでしょう。特に借金の一本化をする際は注目してほしい商品です。
総量規制対象外カードローンでおすすめは?おまとめするならこの1枚!はこちら