手形の裏書よりもファクタリングが都合の良いケースとは

最近、ファクタリングを利用する企業が増えています。売掛金を早く現金化出来ることでキャッシュフロー改善ができ、黒字倒産を防ぐ普段として非常にポピュラーな手段となりつつあります。しかし、売掛金を現金化する方法としては手形の裏書という方法が従来からあり、この方法の方が換金率が高いため効果的と言われています。ではファクタリングメリットとなる理由はどこにあるのでしょうか。
これはファクタリングと手形の裏書の資金超多雨の方法の違いにあります。手形の裏書は万が一受け取った銀行などが債務者からの回収ができず手形が不渡りになった場合、手形に裏書きをした物がその手形を買取らなければなりません。すなわち、手形を担保に融資を受けているのと同じ状態になります。対してファクタリングの場合には売掛債権を業者が買い取るため、万が一業者が債権の回収ができなくてもその債権を買い取る必要がありません。業者はその為手数料を手形に比べ多く設定することでそのリスクを引き取っていることになります。業者は金融機関が多く、独自の回収手段を持っていることが多いため、少額の手数料でも確実に回収ができることが多いという背景も有ります。
そのため、確実に現金が欲しい、相手に不払いのリスクが有ると考える場合にはファクタリングを利用する方が都合が良いということになります。現実的には現代の商取引では債務者が倒産するなどのリスクも高く、そのため多くの企業が確実に現金を手に入れることができるファクタリングを利用することが多くなっています。