学資保険の満期金などの受取にかかる税金

学資保険では、保険料の払い込みが終了し、無事に保険期間が終了すると、満期金(満期保険金)と祝い金の2種類の一時金を受け取ることができますが、これらの一時金については、保険契約者と保険金受取人の関係に応じて、所得税か贈与税のいずれかの税金の課税対象となる点に注意が必要です。

学資保険において、保険契約者が保険金受取人を兼ねる場合は、満期に受け取った一時金の総額から満期になるまでに支払った保険料の総額および特別控除額50万円を差し引いた金額を一時所得金額とし、1年間の所得金額に算入しなければなりません。もし、一時所得を含めた全ての所得を計算し、所得控除を行った結果課税対象となる所得が存在すれば、満期金を受け取った翌年に確定申告をしなければなりません。確定申告が必要である場合は、学資保険を取り扱っている生命保険会社から必要な書類が送付されてくるので、記載されている内容にしたがって手続きを済ませましょう。

一方、保険契約者と保険金受取人が異なる場合は、契約者から受取人への贈与とみなされ、満期保険金を受け取った人に贈与税の納税義務が生じます。贈与税の場合は、保険料の支払総額に関係なく、満期になったときに受け取った一時金から基礎控除額110万円を差し引いた金額を課税対象額として納税額を計算します。もし、計算の結果、税額が1円でも生じる場合は翌年の所得税の確定申告と同じ時期に贈与税の申告と納税を行わなければなりません。

贈与税の対象となった場合は、所得税の対象となった場合より多くの税金を納めなければならなくなる可能性が高いので、学資保険に加入する際は保険契約者が保険金を受け取るようにしましょう。
参考